エキゾチックアニマル

ウサギ・ハムスター・モルモットなど小型草食動物

一般診療
イヌ・ネコと同様に爪切り・一般的な内科治療が可能です。皮膚病(細菌や真菌、ダニの感染など)や神経疾患(発作や斜頸など)、心疾患などがよく見られます

歯科診療
草食動物ならではの病気として胃腸運動機能障害による食欲不振や、歯科疾患が非常に多いため、食事指導や歯の研磨なども行います。
『常生歯』であるウサギの歯は、生える量と削られる量のバランスが重要です。牧草をあまり食べずペレットに偏った食事を続けていると、奥歯が過剰に伸びて舌や頬の粘膜に刺さってしまうことがあります。痛みによる食欲低下から胃腸運動の停滞、胃腸にガスが貯まりさらに運動が停滞と悪循環になり命に関わることもあります。過剰に伸びた歯は、麻酔下で削る必要があります。同時に食事管理も行います。
腫瘍診療
近年ウサギやハムスターも高齢な子が増えているため、腫瘍症例が増えています。イヌやネコと同様に細胞診などを行い、外科的治療を希望される場合には実施しています。

去勢・避妊手術
ウサギでは、メスは子宮疾患が非常に多く、なかでも子宮腺癌という腫瘍が好発します。種によっては、4歳以上の子では50%以上の発生率とも言われています。そのため、予防的な卵巣子宮摘出術(避妊手術)を行うケースも増えています。

上の写真は、どちらも1歳未満で避妊手術をしたウサギさんの子宮です。
若くても子宮疾患が多いため、注意が必要です。
詳細はブログの
ウサギちゃんの不妊手術①…男の子編
ウサギちゃんの不妊手術②…女の子編
をご覧ください

フェレット

★ワクチン
ジステンパーワクチン接種が必要です。
フェレット用ワクチンは日本国内では販売されていないため、イヌ用となります。
ワクチン接種はなるべく午前中にご来院下さい。

★フィラリア症予防
5月上旬から11月下旬まで、毎月の飲み薬か滴下剤を使用します。

★一般診療
爪切りや耳掃除など、定期的なお手入れが必要です。痒みを伴った皮膚病の様に見えるホルモン病(副腎疾患)がよく見られます。また、歯周病や下痢などの消化器疾患や、異物の誤食や毛球による消化管閉塞もあります。
フェレットはスポンジやマット、ゴムなどを特によく食べてしまうため注意が必要です。